拇指CM関節症

拇指CM関節症の症状

通常50歳以上に発症し拇指の付け根の痛みと、変形(亜脱臼)をきたします。拇指の中手骨と大菱形骨の間にあるCM関節に発生する変形性関節症で、加齢による変化ですが手作業によるストレスにより悪化します。

拇指CM関節症の病態と原因

拇指のCM関節は人体の中で最も物理的ストレスを受けやすく、変形性関節症の発生頻度が高い関節です。最近、当クリニックを受信する拇指CM関節症の患者様が増えています。高齢化社会となったこととインターネットの普及や健康志向により患者様の障害に対する認識が高くなったことが最大の原因でしょう。一方、医師サイドでは整形外科医といえども十分な治療体系を理解できていないのが現状です。従って、つい最近まで大病院を受診しても、放置されていたことが多かったようです。手の外科学会では、手術法に関して毎年世界中で議論がなされています。

当院で行う拇指CM関節症の治療

治療法は痛みが軽度で、ペットボトルのキャップが簡単に開けれる状態では、湿布や投薬による保存療法で対応します。もう少し進行し常時痛みがあっても何とか日常生活ができている場合は、ステロイドの関節内注射や装具療法が適応となります。レントゲンで不安定性(亜脱臼)、関節難詰の破壊を認め、ペットボトル以外にもドアノブや水道の蛇口など、日常動作の困難が多くなると手術が選択されます。
さて、手術法には、大きく2つに分かれます。痛みの原因となっているCM関節の関節面を削ってねじやワイヤーにより固定する関節固定術と関節の可動性を温存する関節形成術です。欧米の手外科の教科書にも古くから記載されていた関節固定術が日本でも20~30年前には第1選択肢で、痛みがなくなる確実な手術法であったことは間違いなく、今でも全国的には固定派が多いかもしれません。私は1991年にアメリカ留学から帰国し関西医大の手の外科班のチーフとなり、在米中にトピックとなっていたCM関節症の手術法、Burton法をいち早く取り入れ、日本手外科学会に報告し、それ以来25年間ほぼ一貫して同一手術法を行っています。

リウマチによるCM関節の病変にも基本的にはBurton法を行っているので、年間10例としても200件以上の手術経験があります。専門的な話になりますが、MP関節に人工指関節を必要であった1例とやはりMP関節の変形の著しかった1例の2例でのみCM関節の固定は行っていません。Burton法で使用する橈側手根屈筋腱が使用できない例などに短拇指伸筋腱を使用したことがありますが、これまでにBurton法で良好な結果が出ているのが25年以上同一の術式を続けている理由です。具体的な術式と症例を図表と写真で示しますが、両側を痛める患者様が多いので、両側とも希望されるということが患者様の満足度が得られているということと考えています。当院でも7月に反対側の手術症例2例の手術があり、今年の手術件数は7月までで10例となりました。

関連資料ダウンロード

TEL:06-6632-3731メールでのお問い合わせアクセス・診察時間English
一番上に戻る