へバーデン結節

へバーデン結節とは?

へバーデン結節とは?へバーデン結節は、指の第一関節(DIP関節)の軟骨が摩耗することで、関節の変形、腫れ、屈曲などを起こす病気です。すべての指について起こり得ます。「※ブシャール結節」と同様、指の変形性関節症に分類されます。
痛みを伴い、指の曲げ伸ばしが難しくなります。ときに、水ぶくれのようなふくらみを持つ粘液嚢腫(ミューカスシスト)が第一関節付近に生じます。
この病気を発見した医師ウィリアム・へバーデン(英)にちなんで名づけられました。へバーデン結節は、特に40代以降の女性に多く発症する傾向があります。

※ブシャール結節とは、へバーデン結節と同様、指の変形性関節症に分類されます。ただ、変形、腫れ、屈曲が起こる場所は、指の第二関節(PIP関節)である点が異なります。

へバーデン結節の症状

第一関節(DIP関節)の変形、腫れ、屈曲、そして痛みを伴います。また、指を曲げ伸ばしすることが難しくなります。
稀に、水ぶくれのようなふくらみを持つ粘液嚢腫(ミューカスシスト)が指の第一関節付近に生じます。
進行すると、関節の曲がりにくさ、曲げたときに生じる痛みから、物を掴みにくくなるなど、日常生活に支障をきたすようになります。

へバーデン結節の原因

へバーデン結節の原因は、ブシャール結節と同様、未だはっきりと解明されていません。
ただ、手の使いすぎ、遺伝、更年期障害によるホルモンバランスの乱れなどとの関わりが指摘されています。へバーデン結節にかかった近親者をお持ちの方は、体質のタイプなどが似ていることも考慮して、注意しておく必要があります。

へバーデン結節の検査

へバーデン結節の検査問診、触診、レントゲン撮影などを行います。へバーデン結節と似た症状を持つ病気に関節リウマチが挙げられますが、レントゲン撮影により正確に鑑別することができます。

へバーデン結節の診断

検査で得られた情報をもとに、関節リウマチなどの症状の似通った病気との鑑別をし、診断します。

へバーデン結節の治療

へバーデン結節の治療保存療法では、局所のテーピングによって安静を保ちながら、薬物療法、アイシングなどを行います。
急性期(発症直後の時期)には、少量の関節内ステロイドの注射も有効です。
保存療法で症状が改善できない場合や、関節の変形が進み日常生活に支障をきたすような場合には、手術を検討します。
へバーデン結節の手術では、関節を固定して安静を得る関節固定術、こぶとなった結節を切除する関節形成術などが行われます。

TEL:06-6632-3731メールでのお問い合わせアクセス・診察時間English
一番上に戻る